酸素カプセル&ボックス

酸素のパワーでカラダ蘇る!
疲労回復や美肌など様々な効果が期待できます。
ベッカムカプセル、O2カプセルともよばれる酸素カプセル。
酸素カプセルは2002年W杯直前に左足甲を骨折したベッカムが、酸素カプセルに入って早期回復を果たし、見事活躍した事がマスコミで報じられて以来、酸素カプセルは「ベッカムカプセル」と呼ばれ、その認知度が一気に広がりました。酸素カプセルは、その後も多くのアスリートに利用され、その人気と知名度が広く一般的に定着しました。現在は有名プロアスリートをはじめ、多くの人が酸素カプセルを利用しています。
酸素ボックス・カプセル

カラダと気圧
低気圧画像

頭がすっきりしない
気分・カラダが重い
頭痛がするなどの症状が現れる

高気圧画像

カラダの調子が良い
疲れが残りにくい
コンディション良好

体調を整えるの図
高気圧状態の効果

酸素の効果

疲労回復・肩こり・腰痛の軽減

疲労物質(血中乳酸)を分解します!
エネルギーの90%は酸素が必要です。酸素カプセル内では、疲労物質「乳酸」の分解・除去に酸素は役立ちます。

二日酔い予防

二日酔いの予防と回復効果
アルコールを分解するには酸素が必要不可欠。酸素カプセル内で、肝臓内の細胞に酸素を行き渡らせることで「アセトアルデヒド」の体内流出を防ぎます。

集中力・記憶力のアップに

「脳」は人体で最も酸素を消費する臓器です。脳のリフレッシュ、集中力・記憶力アップには酸素は必須です。

ダイエット

高濃度の酸素を吸引することにより脂肪燃焼が高まり、有酸素運動の同等以上の効果が得られます。

怪我の早期回復

筋肉や靭帯の損傷、骨折後の炎症期から修復期において患部の細胞は大量の「酸素」を必要とします。

美肌・若返り

細胞のすみずみまで酸素がゆきわたり、細胞の新陳代謝が高まり、みずみずしい艶と張りのある肌を保ちます。

生活習慣病

体内の活性酸素の増加を抑えることで、生活習慣病予防も期待できます。

Price&Menu

通常コース

40分コース 2,500円
60分コース 3,000円
90分コース 4,000円

4回コース

40分コース 8,000円→6,500円
60分コース 10,000円→7,500円
90分コース 12,500円→9,000円
キャンペーン価格でご利用いただけます

1ヶ月入り放題コース

40分コース/30名限定 12,000円
60分コース/30名限定 15,000円
90分コース/15名限定 20,000円

※メニューは、全て税別になります。
※当店は学生を応援しています。通常メニューのみ学割料金(60%OFF)にてご利用いただけます。
※4回コースに有効期限はございません。

このような方におすすめ

疲れがとれない

眠りが浅い

二日酔いをしてしまう

目がかすむ、視力が落ちた

スポーツをする、ケガをしてしまった

ダイエットをしたい

メタボ・メタボ気味である

お客様の声

50代女性
友人の紹介で酸素カプセルに入ってきました。
スタッフの説明も丁寧で分かりやすく、 雰囲気がいいお店でした。
60分コースだったのですが 頭がスッキリしてとても気持ちが良かったです。(50代女性)
40代女性
酸素カプセルって効果が肌にも出るのですね。友人の紹介で使用してみましたが、
翌日の肌のハリが良くお化粧のノリがよくなりました。
他にも足のムクミやだるさが解消しました。(40代女性)
30代男性
仕事の疲れがとれずに困っていたのですが、酸素カプセルの使用で、
肩こりがほぐれ体全体が軽くなりました。
寝つきも良くなり、目覚めもよくなった。
酸素の効果か、頭もスッキリしました。(30代男性)
30代男性
昔からあまりスポーツが得意ではなかったのですが、
酸素カプセルの使用で体力の回復が早くなり、
激しい運動にも挑戦できるようになりました。(30代男性)
40代女性
冷え性で、何十年も悩んでいたのですが、
カプセルに入ると体が暖かくなり血液の循環がよくなる感じがしました。
週に1~2回使用していると冷え性が解消されてきましたよ。(40代女性)
10代男性
部活中に足を骨折してしまい、怪我の早期回復を期待して入りました。
整形外科の先生に奨めていただき通い始めました。
今日で、3回目なので怪我の治りが早くなればいいなと思っています。(10代男性)
60代女性
初めて酸素カプセルに入りました。
耳抜きが苦手なのですが、分かりやすく耳抜きの方法を教えてくれたので
気にならずに入ることができました。
(60代女)
30代男性
知人に紹介してもらい始めて利用しました。
マラソンが趣味で、利用してから翌日に疲れが残らなくなりました。
(30代男性/営業)

高気圧酸素カプセル&ボックスをご利用いただけない方

耳抜きが出来ない方(飛行機で耳が痛くなる等)

アレルギーや風邪で鼻が完全に詰まっている方

ペースメーカーを入れている方

糖尿病でインシュリンを投与している方

妊娠中の方

※詳しくはスタッフまでお尋ねください。